ホタルカズラ

  Lithospermum zollingeri
合弁花亜綱
ムラサキ科
区部 北多摩 南多摩 西多摩 本土部 伊豆 小笠原 環境省
・ VU VU VU
 
形態・生態
多年草。茎は地上を這う。葉は互生し、長さ2~6cm、表面に粗い毛がある。花は茎の先端につく。花冠は青紫色、径15~18mm、高杯状で5裂する。花期は4~5月。丘陵地の乾いた草地に生育する。
分布の概要
北海道、本州、四国、九州
都における生育・生息環境
多摩地域の丘陵地の二次林の林縁に生育する。
都における生存に対する脅威や保全上の留意点
植生遷移の進行や園芸目的の採取、宅地開発などが本種の生存を脅かす主な要因であると考えられる。工事に際して自生地を保全することや、草刈りなどの管理を行うこと、園芸目的の採取に対するマナー啓発を行うことが望ましい。
関連文献
畔上能力・菱山忠三郎・吉山寛, 1974. 東京都南多摩地区植物目録. 文化財の保護, (7): 34-72.
東京薬科大学植物研究部(編), 1967. 狭山丘稜の植物. 東京薬科大学. 71 pp.
執筆者
奥田重俊