ホタルカズラ

  Lithospermum zollingeri
合弁花亜綱
ムラサキ科
区部 北多摩 南多摩 西多摩 本土部 伊豆 小笠原 環境省
CR
 
形態・生態
多年草。茎は細く、花後に基部から匍匐枝を出し、翌年の花枝をつける。花のつく茎は高さ15~20cm。葉は互生し、披針形、表面に粗い毛がある。花は茎の先端に数個つく。花期は4~5月。花冠は青紫色、径15~18mm、高杯状で5裂する。果実は1~4個熟し、滑らかで白色。
分布の概要
伊豆諸島、北海道、本州、四国、九州; 朝鮮半島、台湾、中国
都における生育・生息環境
明るい林内や林縁、植生のまばらな斜面などに生育する。
都における生存に対する脅威や保全上の留意点
園芸目的の採取を避けることに加え、競合する植物を選択的に除去することが望ましい。
関連文献
佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎・亘理俊次・富成忠夫(編), 1981. 日本の野生植物Ⅲ 草本 合弁花類. 平凡社. 259 pp.
備考
今回の調査では情報が得られなかった。絶滅した可能性が高いものもあると考えられる。
執筆者
奥田重俊