カテンソウ

  Nanocnide japonica
離弁花亜綱
イラクサ科
区部 北多摩 南多摩 西多摩 本土部 伊豆 小笠原 環境省
VU VU ○ ○
 
形態・生態
多年草。茎は高さ10~30cm。葉は互生し、葉身は扇状卵形で、長さ幅ともに1~3cm、先は円く、基部は切形。花は4~5月。雄花被片は5個、雄しべは5個ある。雌花被片は4個、被針形、淡紅色。そう果は広卵状レンズ形で細点があり、長さ1mm内外。山野の樹林内に生育する。
分布の概要
本州、四国、九州
都における生育・生息環境
低地の河畔林の林床、台地や丘陵の脚部、段丘崖の樹林内などの肥沃地に春植物と混在して生育していることが多い。区部、北多摩では自生地が減少している。
都における生存に対する脅威や保全上の留意点
河川沿い、崖線斜面地などの残存樹林が主要な自生地となっており、植生遷移の進行などが本種の生存を脅かす主な要因と考えられる。草刈りなどの管理をすることが望ましい。
関連文献
畔上能力・菱山忠三郎・吉山寛, 1974. 東京都南多摩地区植物目録. 文化財の保護, (7): 34-72.
多摩市文化振興財団(編), 2004. 多摩市の植物目録. パルテノン多摩資料叢書第1集. 84 pp.
執筆者
池田博・内野秀重